あなたを笑顔にするおすすめのアイテムをご紹介します。

虫刺され用かゆみ止めのおすすめ5選

2019年06月18日 | 11views

虫に刺された後のかゆみの解消に効果が期待できる、虫刺され用かゆみ止め。
虫刺され用かゆみ止めには、虫に刺されたことによって生じた炎症を鎮める効果があるものや素早くかゆみを抑える効果があるものなど、商品によって効果や効能がさまざまです。
今回はおすすめの虫刺され用かゆみ止めをご紹介いたします。
虫刺され用かゆみ止めを使ってみたいかたはぜひ参考にしてみてください。

虫刺され用かゆみ止めの選び方

虫刺され用かゆみ止めの選び方をご紹介いたします。虫刺され用かゆみ止めを選ぶ際の参考にしてみてください。

成分で虫刺され用かゆみ止めを選ぶ

虫刺され用かゆみ止めには、かゆみを抑える成分が配合されているものや腫れなどの炎症を抑える成分が配合されているもの、化膿止めの成分が配合されているものなどがあります。
かゆみを抑える成分には、抗ヒスタミン成分のジフェンドラミンやクロルフェニラミン、局所麻酔成分のジブカインやリドカインがあります。
腫れやただれには効果が期待できませんが、気軽に使用できるため小さなお子さんにも使うことができます。
症状が軽度な場合はかゆみを抑える成分が配合されている虫刺され用かゆみ止めの使用がおすすめです。
腫れなどの炎症を抑える成分には、ステロイド剤のベタメタゾンやヒドロコルチゾン、非ステロイド剤のグリチルリチン酸やウフェナマートなどがあります。
かゆみや炎症に効果期待できるステロイド剤ですが、使用の際には注意が必要です。
特に小さなお子さんに使用する場合には含有量に注意してください。
腫れなどの炎症がひどい場合は、ステロイド剤を含んだものがおすすめです。虫に刺されてしまった場所が顔の周辺など皮膚が薄い場所の場合には、非ステロイド剤ものが安心して使用することができます。
化膿止めの成分には、抗生物質のフラジオマイシンやオキシテトラサイクリン、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールやスルファジアジンなどがあります。
虫刺されを掻いてしまい皮膚が傷つくと、傷ついた場所から細菌が入ってしまい患部が化膿してしまったり、とびひの原因となってしまいます。
患部を掻いていしまって傷ができてしまった場合には、化膿止めの成分が配合されているものがおすすめです。

種類で虫刺され用かゆみ止めを選ぶ

虫刺され用かゆみ止めには、塗るタイプの他にパッチタイプのものも販売されています。
パッチタイプのものであれば、患部に貼ることでかゆみを抑え患部を掻いてしまうのを防ぐことができるため、お子さんや免疫力の弱い方におすすめです。

おすすめの虫刺され用かゆみ止め

池田模範堂 液体ムヒベビー

池田模範堂 液体ムヒベビー

出典:www.amazon.co.jp

池田模範堂

液体ムヒベビー

693円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

詳細情報

・種類:抗ヒスタミン剤

・かゆみ止め成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩、パンテノール(プロビタミンB5)

・内容量:40ml

第一三共ヘルスケア ベトネベートN軟膏AS

第一三共ヘルスケア ベトネベートN軟膏AS

出典:www.amazon.co.jp

第一三共ヘルスケア

ベトネベートN軟膏AS

882円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

詳細情報

・種類:ステロイド剤

・かゆみ止め成分:ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)

・化膿止め成分:フラジオマイシン硫酸塩

・内容量:5g

池田模範堂 液体ムヒアルファEX

池田模範堂 液体ムヒアルファEX

出典:www.amazon.co.jp

池田模範堂

液体ムヒアルファEX

1,250円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

詳細情報

・種類:抗ヒスタミン剤、ステロイド剤

・かゆみ止め成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(ステロイド)

・化膿止め成分:イソプロピルメチルフェノール

・内容量:35ml

小林製薬 ラナケインS

小林製薬 ラナケインS

出典:www.amazon.co.jp

小林製薬

ラナケインS

712円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

詳細情報

・種類:抗ヒスタミン剤

・かゆみ止め成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩

・化膿止め成分:イソプロピルメチルフェノール

・内容量:30g

池田模範堂 ムヒパッチA 76枚入

池田模範堂 ムヒパッチA 76枚入

出典:www.amazon.co.jp

池田模範堂

ムヒパッチA 76枚入

630円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

詳細情報

・種類:抗ヒスタミン剤

・かゆみ止め成分:ジフェンヒドラミン

・化膿止め成分:イソプロピルメチルフェノール

・内容量:76枚

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、おすすめの虫刺され用かゆみ止めをご紹介いたしました。
症状や目的によって効果が期待できる虫刺され用かゆみ止めも変わりますので、ぜひご自身の症状や目的にあった虫刺され用かゆみ止めを見つけてみてください。

関連キーワード

人気の記事

喉スプレーのおすすめ6選

乾燥や風邪などが原因で喉に不快感があったり、痛い時などに使用すると症状を和らげてくれる喉スプレー。喉…

3,111views

ノニジュースのおすすめ5選

ダイエットや便秘解消、アンチエイジングなどに効果が期待できるノニジュース。ノニジュースの原料のノニは…

1,497views

頭皮マッサージグッズのおすすめ6選

目の疲れや肩こり、育毛に効果があると言われている頭皮マッサージ。頭皮のマッサージを簡単にできる頭皮マ…

1,599views

なた豆茶のおすすめ5選

なた豆茶は、マメ科の植物の種子を利用したお茶です。なた豆には大きく分けて3つの種類があり、赤なた豆、…

1,294views

点鼻薬のおすすめ5選

花粉やチリやホコリが原因の鼻づまりや鼻みずに効果を発揮する点鼻薬。鼻に直接スプレーをするので患部に直…

1,415views

カテゴリから探す

カテゴリ一覧